居抜きの物件で事前に確認したいこと

最近では多くのところで自分で飲食店を開いていきたいと考える人が増えてきています。こうした時にどのようなお店を借りるかということがとても重要になってきます。さらにお店をかけるときにも1円でも安く借りたいということで居抜きの物件を借りることが値段を安く抑えるために大事になっていきます。しかしこうした居抜きの物件を見るために気をつけたいことがいくつかあります。まずは水道やガスや電気の容量がどのくらいかということを調べたほうがいいです。容量が少ないところを借りてしまうと思うようなパフォーマンスができないこともありますし、売り上げにも影響してくるということがあります。だからこそ事前にこれらの事は確認しておくことが重要です。も。しこれらの容量が少ない場合には自分で工事をしして増やしていくか、それから諦めることが大事になります。

居抜きの物件で気をつけたいこと

最近では飲食店をおこないたいという人がふえてきています。少しでも安く物件を借りるということが飲食店を行ううえでとても重要になってきます。そこで居抜きの物件を注目する人が増えてきていますが、こうしたものを見ていくときに必ず気をつけたいことがいくつかあります。それは設備の部分になっていきますが、この設備で排気ダクトが一般的になります。お店から出る煙なのか他の住民などに迷惑をかけるとクレームが来て営業に支障が出てしまうこともあります。だからこそこの排気ダクトの位置を気をつけることがまずはポイントになります。さらに内見したときにはついていた設備が、引き渡しの時にすべてない状態になることも考えられます。契約時に内見のときにあった設備の全ても必ずもらえるかどうか必ず確認していくことが大事になっていきます。

居抜き物件を利用すること

居抜きの物件を利用して、新たにお店を構えるという方法をとっている大手の企業も多いほどに、うまく利用することで、すべての費用を安く抑えることができるため、新たにお店をオープンさせるといったときには、お得であると積極的に利用するといった経営者もいます。居抜き物件は、お店を営業していくために必要な設備や道具がそのままの状態となっている物件のことをいいますが、すべての物件が状態のよいものであるという保証はないため、居抜きの物件をゆずってもらうさいには、きちんと物件の内部を確認し、どのような設備や道具があるのかを調べたり、譲ってもらえるものはなにかを確認したり、どれくらいの費用で譲ってもらうことができるのかなどを確認したり、交渉などをしなければ一から取り揃えるよりもお金がかかってしまうこともあります。

条件を指定してお好みの物件を探せます。 お問い合わせは、月~金曜日10:00~18:00、土曜日10:00~17:00で定休日は日曜・祝日です。 1階店舗、路面店の特集を用意しております。 お店づくりの生の声(オーナーの声)も紹介しております。 居抜き物件はABC店舗にご相談ください

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)