シフォン生地のレンタルドレスのサイズは多い

レンタルでドレスを選ぶときに重要なポイント

シフォン生地は結婚式をはじめとしたお祝いの席で身につける人が多く、レンタルドレスの中でも人気が高いアイテムです。しかし、一般的なサイズでは身につけられない女性も多く、悩んでいる人は少なくありません。インターネット上のショップであれば、L以上の大きめのアイテムや、S以下の小ぶりなアイテムまで整っているため、大変便利です。身につけやすい物を見つけられるように試着できるサービスも増えてきているため、通販サイトやレンタルサイトであっても、一般的な店舗と変わらぬサービスを受けられるのが大きなメリットといえます。身につける時にどんなものがいいのか、サイズをどちらにしたらいいのかわからないという人も少なくありません。その場合には有料であっても試着を行うことが重要です。お店によってサービス内容は異なりますが、試着を行ってどちらのサイズなら自分を美しく見せられるのか、確認することがレンタルドレスを選ぶ際に大きなポイントといえるでしょう。

試着するだけが確認方法ではない

シフォン生地のドレスはデザインによってはボディラインを隠すことにも、大きく見せることにもつながるため、自分にあったものを選びましょう。似合うデザインかどうかを確認してから申し込みすることが何よりも重要といわれています。レンタルドレスの場合、着て見ないと膝丈までのドレスなのか、ひざ下なのかがわからないことも少なくありません。ある程度寸法が書かれていることが多いといわれていますが、寸法があっているかどうかは同じSやMの人でも身長によって別といえるでしょう。身長によってミニのドレスがミディアム丈のドレスになることも少なくありません。同じSやLでも、身につけた人の身長によって雰囲気が大きく変わることも事実です。試着サービスを利用するだけではなく、お店によっては自分の写真を取り込んで、写真に試着してもらって雰囲気を確認する方法もあるため、事前に確認してください。

豊富な中からどれを選ぶのかは自分しだい

一般的な通販でのレンタルの場合、人気のデザインであれば身につけられるサイズも種類が多いです。多くの人に身につけてもらいたいからと、ショップ側の在庫が多いのも特徴のひとつといえるでしょう。なお、お店によっては日本のように号数で表示している物ではなく、数字でどれくらいなのかを表現していることも少なくありませんので、注意してください。特にお店によっては海外からの直接輸入品を。レンタルとして提供していることも多いです。その場合にはお店側で、どれくらいの人が着るとぴったりだと紹介していることも少なくありません。どれくらいの物を身に着けたいのか、事前に店舗側のコメントまで確認してから利用することが、最重要といえるでしょう。特にシフォン生地の場合、人気の高いアイテムが多く、品切れになることも少なくありません。自分に似合うアイテムを見つけるためには、速めの行動が肝心です。数字に惑わされず、日本人でもわかる物を選んで申し込むといいでしょう。

記事を共有する